関西30代夫婦ホテル滞在記

マリオット・ヒルトンの楽しみ方、体験談や役立つ情報をお伝えします

マリオットホテル基礎知識⑦〜「レストラン+バー特典」で飲食もお得に楽しみましょう

 ブログをご覧いただきありがとうございます。マリオットホテルの基礎知識を分かりやすくご紹介するシリーズです。今回は、「レストラン+バー特典」についてです。

f:id:UpField:20211217233927p:plain

 レストラン+バー特典とは?

 マリオットホテルの日本を含むアジア太平洋地域の2,700以上の特典参加レストラン・バーで、割引に加えて、1米ドル毎の支払に10ポイントを獲得できる特典です。

 割引については、メンバー会員から使うことができ、10%の割引を受けることができます。さらにゴールドエリート会員になれば15%割引、プラチナエリート会員以上(プラチナ・チタン・アンバサダー)では、20%の割引を受けることができます。

 この特典に関しては、宿泊せずにレストランの利用だけの場合にも、割引適用とポイント獲得ができます。プランによってはレストラン予約サイト経由の方が安い場合もありますが、ゴールド会員以上であれば、ポイントも含めて考えて、お得になることも多いです。

 特典利用時の注意点は?

 レストラン+バー特典は、魅力的な特典ですが、注意点がいくつかあります。

  • マリオットホテルのすべてのレストラン+バーが対象と言う訳ではありません。対象となる施設は、マリオット公式の特典ページから確認でき、地域を選べば、一覧形式で表示されます。同じホテル内でも対象となるレストラン、そうでないレストランがあり、時に残念な思いをすることもあります。

  • 割引は1回あたり10米ドル以上の利用から適用されます。複数の利用をまとめて最低限の利用金額とすることはできません。また朝食の利用時には適用されません。
  • ポイントの獲得についても、割引後の利用金額が10米ドル以上の利用から対象となります。
  • 開栓料、ケーキカット料、サービス料、税金、チップ (および法律で禁止されている場合はアルコール飲料) およびご飲食代金以外の利用料金(例:タバコ、商品の購入等)には割引特典・ポイント獲得は適用されません。
  • 季節メニュー、お祝い用商品 (月餅、クリスマスバスケットなど)、テイクアウト、配達、ミニバー、ルームサービス、個室でのプライベートダイニング時の室料、団体およびイベントの契約、ならびにケータリングサービスで予約した屋外のケータリング、さらにすべての10名様以上での料飲施設での利用には適用されません。

 レストランをさらにお得に利用するには?

 現在、割引特典に関しては、プラチナエリート会員以上の20%が最大(過去には30%割引の時もありました)ですが、ポイントに関しては、より多く獲得する方法があります。

 一つは宿泊時のみになりますが、部屋付けにしてチェックアウト時に払うことです。そうすることで、宿泊費と同様に、1米ドル10ポイントのベースポイントに加え、エリートレベルに応じたボーナスポイントも獲得することができます。

 ゴールドエリートで+25%、プラチナエリートで+50%、チタンとアンバサダーでは+75%分も多く獲得できますので、家族での食事の際等、レストランでの支払額がそれなりの金額になる場合には威力を発揮します。

 さらにベースポイント2倍等のプロモーションが開催されている場合には、部屋付にした飲食代金の分もベースポイント2倍の対象になるため、これはかなりお得です。

 注意点としては部屋付けの会計時に会員レベルに応じた割引が適用されているか必ずチェックしてください。

 二つ目は、レストランの代金をSPGアメックスカードで支払うことです。これは宿泊時でもレストランのみでも共通ですが、ホテルでのカード利用分は、100円=6ポイント貯まりますので、単純化するために1ドル=100円だとすると、レストラン利用のみでも100円で16ポイント獲得可能ということになります。

 このようにポイント獲得の強力なツールとなるSPGアメックスについては、以下の記事でご紹介していますので、よろしければご覧ください。